Zoomでホワイトボードを使う方法


Zoomでホワイトボードを活用する方法について解説していきます。

Zoomの活用法をお伝えしていると、使いたい機能として、「受講生とのコミュニケーションツールとして、ホワイトボードを使いたい」とよく言われます。

Zoomには「ホワイトボード」が標準機能としてありますが、外部のオンラインホワイトボードツールを利用するなど、色々な活用法があります。

今回は、ホワイトボードを使う用途に合わせて、最適な活用法をご紹介します。

1.Zoomでホワイトボードを使う主な用途

1-1.アイデアをメモするのにホワイトボードを使いたい

  • 社内のオンライン会議のブレストの内容をメモしたい。
  • セミナー講師の方が、セミナーでポイントを整理するのに使いたい。

 

1-2.ふせんでアイデア出しやアイデア整理するのにホワイトボードを使いたい

  • セミナー講師やコンサルが、受講生のグループワークにふせんを使いたい。

 

1-3.ホワイトボードを使いながら、企画や解決策を立案したい

  • 社内のオンライン会議で、企画や解決策をフレームワークで整理したい。
  • コンサルタントが、クライアントとのオンライン会議で、課題や解決策の整理にホワイトボードを使いたい。

 

2.Zoomでホワイトボードを使う方法

Zoomでホワイトボードを使う方法は、以下の3通りの方法があります。

①Zoomのホワイトボードを活用する
②Googleスライドを活用する
③オンラインホワイトボードツールを活用する

2-1.Zoomのホワイトボードを活用する

Zoomホワイトボード機能

Zoomのホワイトボード機能の特徴や用途の適合性を整理しておきます。

Zoomのホワイトボード機能は、画面共有ですぐに参加メンバーと共有して使えるメリットはあるものの、ホワイトボード機能としては使いづらく、簡単なメモする程度だったら使えなくもありませんが、オンライン会議やオンラインセミナーで実践的に使うには使いづらいので、私は使っっていません。

特徴

  • 画面共有し、共同編集可能。
  • やや使いづらい。
  • 画像保存できる。
  • 無料で利用できる。

用途の適合性

  • アイデア出し:◯
  • ふせん活用:✗
  • フレームワーク活用:✗

2-2.Googleスライドを活用する

Googleスライド

Googleスライドの特徴や用途の適合性を整理しておきます。

Googleスライドは無料で使えるクラウドサービスで、PowerPointやKeynoteと同様の機能が使えるプレゼンテーション資料作成ツールです。

リンク共有すれば、共同編集できるので、Zoomを使ってオンラインホワイトボード代わりに使うのに、最も使いやすく利便性が高いツールとなります。

特徴

  • リンクを共有し、共同編集可能。
  • 使いやすい。
  • 図形などあらかじめ用意してフレームワークを活用できる。
  • 画像を貼り付けることができる。
  • 画像保存できる。
  • 無料で利用できる。

用途の適合性

  • アイデア出し:◎
  • ふせん活用:✗
  • フレームワーク活用:◎

2-3.オンラインホワイトボードツール「Miro」を活用する

オンラインホワイトボードMiro

オンラインホワイトボードツールも色々ありますが、その中でも、「Miro」がダントツに使いやすくおすすめです。

オンラインホワイトボードツール「Miro」の特徴や用途との適合性を整理しておきます。

Miroは、直感的な操作で使いやすく、楽しく、アイデアをどんどんだしていったり、整理したり、リアル以上にコミュニケーションの価値を高めることができる大変素晴らしいツールです。

色んなフレームワークがテンプレートで用意されていますので、色んな企画検討などの用途に使うことができます。

愛用者からは、リモートワーク、オンラインツールを活用したワークスタイルで、最高最強のツールと絶賛されています。

本格的に利用するには、有料になってきますので、自分の仕事に合った使い方で利用するのがおすすめです。

特徴

  • メンバー招待し、共同編集可能。
  • 直感的な操作で活用しやすい。
  • ふせんを活用できる。
  • フレームワークのテンプレートを活用できる。
  • 画像を貼り付けることができる。
  • 画像保存できる。
  • ホワイトボードの広さに制限がない。
  • チームプランは月8ドル(5人以上)
  • コンサルプランは月12ドル、1日1人3ドル。

用途の適合性

  • アイデア出し:◎
  • ふせん活用:◎
  • フレームワーク活用:◎

【まとめ】Zoomでホワイトボードを使う方法

Zoomでホワイトボードを使う方法を整理しておきます。

  • Zoomの「ホワイトボード」機能はあまりおすすめしません。
  • Miroは直感的で楽しめ体験価値を高めることができるが費用がかかるため、用途に合わせて活用する。
  • Googleスライドが無料で使えて使い勝手が良い。
  • PPTやKeynoteで書記がアイデアをまとめるという方法もある。

Miroをコンサルプランで契約して、Zoomの参加メンバーにはZoomのチャットにアイデアを投稿してもらい、書記がMiroで整理していくというのが、最も実践的な使い方ではないかと現時点では思ったりしています。

色々と実践検証しながら、また効果的な活用法をシェアしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
コンサルタント&講師専門のビジネスプロデューサー。早稲田大学商学部卒業後、経営戦略コンサルティングファームにて、大手自動車メーカー、大手百貨店、中古車流通、ソーシャルメディアマーケティング分野等の各業界ナンバーワン企業の経営改革プロジェクトを推進。 現在は「新しい教育を通じて社会を豊かにしていく」ミッションに基づき、有力なコンサルタントや講師のコンテンツマーケティングやビジネスモデル構築のプロデュースを手がける。

最新トピックス

  1. 「Zoomの使い方」オンラインマニュアルは、13万人(月間18万PV)の方にご利用いただいております。
  2. YouTube「Zoomの使い方」動画マニュアルの動画再生回数が2万回を超えました。
  3. 「Zoomの使い方」の基本を最速でマスターできる「Zoom速習トレーニング」【無料】を開催しています。次回は5月27日(水)13時-14時半です。
  4. Zoomをビジネスに活用する実践スキルをマスターできる『Zoomマスタースクール』の募集を開始しました。
  5. 動画やZoomを活用したオンラインビジネスの創り方を学べるオンラインセミナー「オンラインビジネスの創り方入門」【無料】を5月23日(土)13時-15時に開催します。

プロフェッショナルコンサルタント養成講座【無料オンライン講座】

デジタル時代に稼げるコンサルタント&講師になるための「オンラインビジネスを構築する方法」を解説したebookと動画を登録頂いた方に無料でお届けします。

Zoomマスタースクール

Zoomマスタースクール

Zoomを活用して「ビジネスのオンライン化」を進めている
プロが実践している「Zoom活用ノウハウ」を
あなたもマスターできる『Zoomマスタースクール』を開校します。

Zoomを活用して「ビジネスをオンライン化」していく方法の全容
こちらのページで解説しています。

これからのアフターコロナの時代を生き抜いていくための
極めて重要な内容になりますので、ぜひご確認ください。