Webマーケティングトレンド2014傾向と対策(3/5)〜動画マーケティング〜

2014年のWebマーケティングトレンドの傾向と対策方法についてお話していきます。

第3回目のセッションでは、動画マーケティングについて解説します。

解説動画「Webマーケティングトレンド2014③動画マーケティング」

スライド「Webマーケティングトレンド2014傾向と対策」


※スマホの方はこちらでご覧になれます。
http://www.slideshare.net/itotakesi/web2014

Webマーケティングトレンド2014傾向と対策③動画マーケティング

2014年のWebマーケティングのトレンドの傾向と対策の3つ目のテーマは動画マーケティングです。

アメリカでは75%のHPに動画が掲載されていると言われるくらいオンラインのコンテンツの動画化が進んでいますが、日本でも今後急速に進んでくるのは間違いありません。

実際、YouTubeの利用者は国内でも3,000万人を超えると言われるくらいインターネット利用者の半数以上が使う毎日沢山のアクセスが集まるプラットフォームです。沢山の人が集まる場所でマーケティングするのが効果的なのはいうまでもありません。

活字での情報発信と比べ、動画での情報発信は5感に訴えることができ、沢山の情報を伝えることができるので、マーケティングでは非常に強力なツールとなってきます。

スマホの普及や通信回線などのインフラの向上で、誰でも簡単に動画投稿できる状況にあります。現在はYouTubeの利用者は非常に多いのに、自分で動画投稿している人はまだ10%未満で少数の人しか取り組んでいない状況なので、動画で情報発信すると目立って注目してもらいやすく、2014年は動画マーケティングを始める絶好のベストタイミングといえます。

そんな非常にチャンスのある動画マーケティングですが、成果を上げていく為にはいくつかのポイントを抑えて実践していくことが大事になってきます。

動画マーケティングで成果を出す為のポイントとして、以下の3点を抑えておいて頂ければと思います。

①動画を量産して動画SEO対策する

動画マーケティングで抑えておいて頂きたいポイントの一つ目が、自分の投稿した動画を沢山の人に見てもらい見込み顧客とのタッチポイント(接点)を作るという目的を踏まえて、「動画SEOを意識して動画を量産する」ということになります。現在は、YouTubeのSEO対策はかなり競合が少なく、非常に効果もでやすいのでキーワード対策して動画量産することで動画SEO対策していくのはとても効果的な戦略となっています。

②価値のある教育コンテンツで良質な見込み顧客を獲得する

2つ目のポイントが、「良質な動画で見込み顧客を獲得する」ということになります。量産動画で接点を持った見込み顧客と関係を構築していく為には、やはりしっかりとした価値のあるコンテンツを提供していく必要があります。見込み顧客と関係を構築して顧客に変えていく為のコンテンツは、まさに自分のプレゼンテーションにあたりますので、最高級の良質な動画を作ることが大事になってきます。見込み顧客にどんな価値をどんなメッセージで効果的に伝えていくのかのシナリオ(構成)をしっかり作り、また音質やテロップ等の演出なども含めた総合的なクオリティーを高めることで、その動画が自分の分身となって24時間365日自分のことを効果的にプレゼンテーションしてくれるようになります。

クオリティーの低い(主に内容の乏しい)コンテンツは、情報が氾濫するインターネットの世界のゴミのような存在でしかありませんが、エネルギーのこもった良質なコンテンツは、ダイヤモンドのように輝き、あなたのことを効果的にプレゼンテーションして、ブランディングや集客の成果を出すビジネス資産として永久資産になっていきます。

スポーツの世界に『一球入魂』という言葉があるように、我々がプロとして自分のコンテンツを多くの人に効果的に伝えていく為には、それなりの覚悟や努力が必要です。コンテンツに情熱やアイデアを込めて、またそのエネルギーやメッセージを効果的に表現する為のメッセージ(文章)や見せ方にもこだわり、クオリティーの高いコンテンツを生み出す努力次第で、マーケティングの成果が大きく変わってきます。

良質なコンテンツは、アクセスが集まり、またgoogleやYouTubeも高く評価しSEOでも表示されやすくなり、そうするとそのコンテンツのアクセスが雪だるま式に増えていきます。

コンテンツマーケティングで成功するには、このメカニズムをしっかりと理解して、良質なコンテンツ作りに取り組むことが大事です。9割以上の人はやるべきことをできていないアマチュア的なアプローチでコンテンツマーケティングしていますので、やるべきことをしっかりやり、本気のコンテンツマーケティングしていけば、成果も確実に生まれてくるので、ぜひそのダイナミックな成果を堪能してください。

③YouTubeチャンネルのファンになってもらう

動画マーケティングで成果を出す為に抑えておきたい3つ目のポイントが、「YouTubeチャンネルに登録してもらい、見込み顧客を囲い込んでいく」ということになります。YouTubeチャンネルに登録してもらうことで、最新動画をアップするとYouTubeがチャンネル登録者に自動的に更新通知をだしてくれますので、自分のコンテンツに興味を持ってくれた人には、YouTubeのチャンネル登録してもらい、常に接点を持てる関係を作っていくというのが大事になってきます。ブログの読者にあたるのが、YouTubeチャンネル登録者になってきますので、このチャンネル登録者の数が自分のメディア価値(影響力)の大事な指標の一つとなってきます。良質なコンテンツを増やして、YouTubeチャンネルのファン(登録者)を増やし、新しいメディアを育てていきましょう。

9割以上の人がまだYouTubeチャンネルのメディア作りに本格的に取り組んでいない今だからこそ、先行して取り組んでいくことで、先行優位なポジションを確保し、かつ動画という新しい武器で、あなたのブランディングや集客を劇的に変革していくことができます。

動画マーケティングは、非常にパワフルですし、またこれからのWebマーケティングで必要不可欠な必須なものになることは間違いないので、言い訳せずにいち早く実行していきましょう。

動画マーケティングの始め方の手順や成果を出すべきポイントについては、私も他のコンテンツで詳しく解説していますので、ぜひそちらもご覧ください。

「動画マーケティング入門!」

他の重点トピックスについては、下記の関連コンテンツよりご参照ください。
プロフェッショナルコンサルタントの情報収集術
Webマーケティング2014傾向と対策「①コンテンツマーケティング」
Webマーケティング2014傾向と対策「②ソーシャルメディアマーケティングの変化への対応」
Webマーケティング2014傾向と対策「③動画マーケティング」
Webマーケティング2014傾向と対策「④ウェビナーマーケティング」
Webマーケティング2014傾向と対策「⑤スマホマーケティング(マルチデバイス対応)」

行動して学びを深めてください。

  • このコンテンツで得た学びや気づきはぜひノートにメモしておいてください。
  • このコンテンツが役にたったら、以下のソーシャルメディアボタンから、ぜひ他の人達にもシェアしてあげてください。
  • また、ご質問や感想などはコメント欄に投稿してください。頂いた情報は今後のコンテンツ作成の参考にさせていただきます。
content-marketing

コンテンツから安定収益を生み出す理想のビジネスの作り方【無料レポート】

インターネット上でのプレゼンテーション力を強化し、認知や信頼を高めて、良質な顧客を集客する方法を解説した無料レポートを差し上げます。

コンテンツイズキング

コンサルタントやセミナー講師などのプロフェッショナルに特化したビジネスブログ、YouTube、Facebookなどを活用したパーソナルブランディングや集客の仕組み作りを実現し、業界トップクラスの影響力や集客力や収益力を持つビジネスモデルに進化する為の戦略やロードマップをお伝えしています。

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。