プロのコンサルタントが教える情報収集術〜Webマーケティングトレンド2014傾向と対策〜

2014年のWebマーケティングトレンドの傾向と対策方法についてお話していきます。

今回の動画では、そもそもプロのコンサルタントが、最新トレンドなどの有益な情報をどのように情報収集したりリサーチしたりして、トレンド予測や分析しているかについて解説します。

解説動画「Webマーケティングトレンド2014「プロのコンサルタントの情報収集術」

スライド「Webマーケティングトレンド2014傾向と対策」


※スマホの方はこちらでご覧になれます。
http://www.slideshare.net/itotakesi/web2014

プロのコンサルタントが教える情報収集術

最新トレンドを知ることのメリット

最初に最新トレンドを知っておくメリットについてお話しておきます。

Webマーケティングの世界では、環境の変化も早く、トレンドやルールの変化を抑えて正しい行動を取ることが、スピーディーに成果を生み出す為にとても重要になってきます。

まさしくサーフィンの如く、正しいやり方で波に乗れば、一気に成功を加速することができてしまいます。逆をいうと、環境の変化やルールの変化を知らないまま、効果のないやり方でやり続けても、一向に成果が上がらないという恐ろしいことにもなってしまいます。

その為、Webマーケティングで成果を出す為には、マクロな動き(主要なプラットフォームの動向)やミクロな動き(ルールの変化)の定期的な情報収集が非常に大事になります。

「情報格差が成功格差に繋がる」とよく言われたりしますが、Webマーケティングの世界では、特にそれが顕著だといえます。

最新トレンドを先取りする方法

では、「その最新情報をどうやって入手すれば良いのか?」ということになってきますが、これは初心者や一般の人が精度の高い情報を自分で情報収集していくのは、正直にお話すると、かなり困難であるといえます。

私も長年コンサルタントとして様々な業界のビジネスやWebマーケティングの最前線で活動してきましたが、コンサルタントの力量(問題解決力)を大きく左右する要因の一つも、この最新の傾向を知り、効果的な戦略や解決策を持っているかどうかということになります。

自分の持つ古い経験や知識、また部分的な知識だけだと、切れ味のある戦略や解決方法を導き出すことができない為、成果を出す為の最適な解決方法を見つけ出す為には、外部環境の最新の変化をしっかりと把握して分析した上で、そこから最適な解決策を導くというかなり経験とスキルの必要なアプローチが必要になります。

では、プロがどうやって「精度の高い最新情報」を入手しているかということについてご紹介しておきたいと思います。

このやり方を知って頂くことで、あなたも「自分で最新情報を仕入れて、効果的な解決方法を見つける」ということをできるようになりますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

①外部環境の動向をリサーチ

まず一つ目が外部環境の動向をリサーチするということになります。Webマーケティングの場合、日本の先をいく米国の事例はやはり参考にすべき情報が多いといえます。Webマーケティングの最前線のアメリカの2年〜3年遅れの時間差で日本でも広まってくるというのはよくあることです。

また、Google、YouTube、Facebookなどの主要なプラットフォームの最新動向は必ず抑えておくべきポイントになります。アルゴリズムの変化や、プラットフォームの変化や進化に適応した最新の利用方法(ルール)などは、サービス提供者がユーザーに便利に利用してもらう為に、最近はかなりオープンに情報提供していてくれたりもしますので、そうした情報を定期的に情報収集しておくのは大事になってきます。

googleやFacebookなどは、アメリカで英語でそうした最新情報を発信することも多いのですが、そうした最新情報をスピーディーにかつわかりやすく解説してくれている有識者もけっこういたりしますので、そうした有識者のブログなどを情報源としてチェックするのが効率的に情報収集できるのでおすすめです。

YouTubeは日本語で最新情報を伝えるオフィシャルブログなども運営していますので、そうしたメディアも最新情報をキャッチアップするのに有効です。

参考サイト

YouTube公式ブログ(日本版)
YouTubeクリエイターブログ(日本版)
海外SEO情報ブログ
SEMリサーチ
SEOラボ
SEOJapan

また、協会等が有益な統計データや調査レポートなども提供していて、そうしたものも参考になります。

専門雑誌(メディア)も有力な情報源になりやすいです。

②各分野の有識者との情報交換

2つ目は、その道のプロ(専門家)に聞くというのが、最も簡単で確実だったりします。私もWebマーケティング業界の最前線で働く知り合いから情報収集することも多いのですが、実際に成果の上がっている事例、特に重要性の高いルールなどの価値ある情報は、人づてに入手するケースも多いです。

直接知り合いがいない場合でも、ネットでかなり有益な情報を提供してくれる人もいたりしますので、そういう有力なブロガーやサイトを見つけたり、また本物の情報こそ、教材等の有料な情報に投資して得ることは、費用対効果の高い投資だといえます。

成果の出るノウハウ、最新のノウハウなど、ビジネスチャンスを掴むことで、特にWebマーケティングは成果が出しやすいので、情報は大切です。

③顧客の生の声をリサーチ

最後に3つ目が、顧客の生の声をリサーチするということになります。現在、ユーザーがどんな行動をして、またどういうところに不満を持っているかというユーザーの生の声を聞き、現実を知ることで、今後どんなものが求められてくるかという非常に大事なヒントを得ることができます。

以上、この大きく3点について常に情報収集しながら、トレンドの変化やルールの変化を情報収集していくのが、Webマーケティングで効果的に成果を上げていく為には大事になってきます。

情報収集には、時間や手間もかかりますし、また人脈などもないとできなかったりしますので、最初はその分野に詳しい人をまずは見つけるというのが大事になってきます。良い情報発信している人を見つけて、その人がまとめてくれている良い情報で効率的に学ぶというのが、最初は効果的です。

今回は、私がこうした情報収集を行い、自信を持ってWebマーケティングの最新トレンドについてお伝えさせて頂きますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

Webマーケティングトレンド2014

それでは、2014年にWebマーケティングで、抑えておくべき重要トピックスを5つご紹介します。

①コンテンツマーケティングの隆盛

まず一つ目がコンテンツマーケティングになります。2014年はコンテンツマーケティングの重要性が飛躍的に高まってきています。詳しくは後ほど説明したいと思います。

②ソーシャルメディア利用の進化

2つ目はソーシャルメディア利用の進化になります。FacebookやYouTubeやLINEといったソーシャルメディアが非常に流行っていますが、それぞれのメディアに特徴があるので使い分けの必要性が高まってきたり、またそれらのメディアもスピーディーに変化していますので、そのプラットフォームの変化に合わせてマーケティングのやり方も変わってきています。

③動画マーケティングの急速な拡大

3つ目は動画マーケティングになります。今YouTubeが非常に注目されていますが、2014年以降、動画を使って情報発信していく人が急速に増えてきています。動画を使った情報発信は、活字だけで情報発信するよりも沢山の情報を伝えることができて、マーケティングでも不可欠な非常に重要なツールになってきていますので、効果的な動画マーケティングのルールを抑えて使っていくことが重要になってきます。

④先取りするならウェビナーマーケティング

4つ目がウェビナーマーケティングです。動画マーケティングと合わせて、ウェビナーマーケティングも非常に注目されています。これまでユーストリームでウェビナーできる環境はありましたが、通信回線の問題や器材の問題など、一般人が使うには敷居が高いところもありましたが、去年からGoogleハングアウトやYouTubeライブなどの誰でも簡単に使えるウェビナーツールも揃ってきて、一般的に普及するのにはまだ少し時間がかかるかもしれませんが、ウェビナーも非常に重要なマーケティングツールになってきますので、先行して使っていくことで、先行者メリットを得られることもできます。

⑤スマホ&タブレット等のマルチデバイス対応

5つ目がマルチデバイス対応になります。マルチデバイス対応は数年前からその必要性は言われてきていましたが、ここのところスマホやタブレット端末の普及も進み、Web利用もPC経由とスマホやタブレット経由の比率が半々くらいになってきつつあります。また、HPをスマホ対応することで、問合せ等の成果が改善されるというのは色んなケースで実証もされていますので、2014年はマルチデバイス対応に実際に行動していく必要があるということで、これも重要なトピックスとしてあげています。

それでは、それぞれのトピックについて詳しく解説していきますので、下記の関連コンテンツよりご参照ください。

他の重点トピックスについては、下記の関連コンテンツよりご参照ください。
プロフェッショナルコンサルタントの情報収集術
Webマーケティング2014傾向と対策「①コンテンツマーケティング」
Webマーケティング2014傾向と対策「②ソーシャルメディアマーケティングの変化への対応」
Webマーケティング2014傾向と対策「③動画マーケティング」
Webマーケティング2014傾向と対策「④ウェビナーマーケティング」
Webマーケティング2014傾向と対策「⑤スマホマーケティング(マルチデバイス対応)」

行動して学びを深めてください。

  • このコンテンツで得た学びや気づきはぜひノートにメモしておいてください。
  • このコンテンツが役にたったら、以下のソーシャルメディアボタンから、ぜひ他の人達にもシェアしてあげてください。
  • また、ご質問や感想などはコメント欄に投稿してください。頂いた情報は今後のコンテンツ作成の参考にさせていただきます。
dmp1

無料ebook「プロフェッショナルマーケティング入門」

プロフェッショナルマーケティングPJTに参加して頂いた方には、無料ebook「プロフェッショナルマーケティング入門」で、最新のデジタルマーケティングを活用して、影響力と集客力と収益力を手に入れ、ダントツのプロフェッショナルになる為のビジネス戦略やロードマップをお伝えします。

プロフェッショナルの為の動画マーケティング入門セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションできるようになることが、これからのビジネスで最も重要な成功の鍵になってきます。プロフェッショナルの動画マーケティングで成果を出していく為の戦略の作り方やいますぐどう始めていけば良いかのロードマップなどをお伝えし、あなたの動画マーケティングの成功を加速させていきます。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。