LINEを活用したコミュニケーション力を高める方法

line%ef%bc%88%e9%80%9a%e4%bf%a1%e3%81%ae%e6%ad%b4%e5%8f%b2%ef%bc%89

伊藤です。

本日、20代の若手ビジネスリーダーのFさんと
ランチミーティングしてきました。

Fさんは大学生の頃から、
セミナーズで海外の有名講師の
自己啓発セミナーの営業をしたり、

大学生にしては大金の50万円を投資して
アンソニーロビンスの海外セミナーに参加したり、

学生起業して色んなビジネスにチャレンジしたり、
その行動力や経験の豊富さは、
これまでお会いした若手起業家の中でもピカイチです。

久しぶりに会って近況など
色々と情報交換してきたのですが、
経験が多いと色んなビジネスチャンスが
あることに気づきました。

本人はあまり気づいていないのですが、
こんなこともできる、あんなこともできると、
実際、挑戦して経験があるだけに、
色んな経験や知識やスキルが
人の為に使える武器としてあります。

経験=力=その人の価値(魅力)

のように感じました。

人間一人一人皆尊い存在だと思いますが、
経験豊富な人は、実体験に基づいた教訓や知恵を
人に教えることができる導く力が備わっています。

成功者達に共通する「成功の秘訣」

「経験が豊富で素晴らしいね。
 色々経験してきた中で、
 一番人に教えられることは何?」

と聞くと、Fさんは少し考えてから、

「最大のポイントは、“決断の早さ”ですかね」

という答えが返ってきました。

アンソニーロビンスのセミナーで学んだ
特に印象的だった学びも「決断の早さ」で、
それからFさんは色んな成功者とも沢山交流していますが、
成功者達の特徴も「決断の早さ=行動の早さ」だったと。

Fさんの経験量の多さも
決断(行動)の早さや
「決めたことは徹底的にやりまくる」という
物凄い集中力や行動力にあります。

LINEを活用したコミュニケーション力を高める方法

色々と有益な情報交換できたのですが、
直ぐに実用できる興味深かった情報が、
LINEの活用法でした。

LINEの音声メッセージって使っていますか?

私は使っていなかったので、
案外、目から鱗の価値ある情報だったのですが、
テキスト入力するよりも、音声で話した方が
作業的にも早いですし、
また音声だと感情なども伝わり、
情報もより相手に伝わりやすくなり、
コミュニケーション効率がかなりよくなります。

最近ビジネスコミュニケーションも、
メルマガよりもLINE@の方が
かなりホットになってきていて、
ビジネスシーンでもLINE@で文章ではなく、
音声メッセージを送ったりすると、
従来のメルマガのテキストでの
コミュニケーションよりも遥かに情報量多く、
コミュニケーション力が向上できたりもします。

LINEで動画を送ることもできますが、
音声の方がどこでもどんな時でも
メモ感覚で素早く直ぐにできるので、
とても便利だという話でした。

これは私も直ぐに活用してみようと思いましたので、
情報共有しておこうと思いました。

俯瞰することで見えてくる本質

Fさんは、動画にも5年前からかなり早く注目して、
動画でコミュニケーションを変革するというPJTを立上げ、
数ヶ月で5,000人以上の仲間を作ったりと、
時代を変革していく志、エネルギー、行動力に富んだ
とても素晴らしい友人であり、ビジネスリーダーのひとりです。

動画がこれから最も強力なコミュニケーションツールなのに、
日本は意外と浸透が遅いねという話もしていました。

アメリカなどでは、もう動画コミュニケーションが
当たり前の文化になってきています。

積極的な自己表現が得意なアメリカと
そうでない日本の国民性の違いかなとか、
5年スパンで時代の変遷を見ると、
どれは直ぐに流行ったけど直ぐに廃れていったとか、
これは時間かかっているとか俯瞰することができ、
俯瞰しながら色々と分析したり振り返る
「俯瞰トーク」はけっこう楽しいものでした。

Fさんも私も色んなビジネスや
またビジネスリーダー達を見てきましたが、
結局やはり王道が大事だなという
結論にいきつきました。

邪道は一時的に成果を出しても
長くは続きません。

邪道とは、一人もしくは少数の人達だけが
成果を掴み、他のフォロワーの人達は
夢は描けど成果が得られず、
結局脱落していくというような
類のものだったりします。

どのビジネスにも共通する本質だったりします。

王道は、社会を良くしていく、
人の為に役立つような
真面目な取り組みです。

利他の精神に基づいた、
人の為に働く行為です。

人の為に働くことで徳を積み、
信頼や尊敬を得ることができます。

その行動の積み重ねが、
自信、信念を強くしていきます。

今、多くの人が自信が持てずにいます。

自信が持てるものがない、信念がないため、
だから目先の利益や刺激に振り回され、
騙されたりします。

時代が変わり、昔の常識も通用しなくなってきています。

これからの新しい時代に
何を信じて生きていけば良いのか?

それを伝えられるのは、
Fさんのような自ら挑戦して経験や教訓を得た人であり、
「Fさんはその経験や知恵を人に伝えなければならない」
というような提言もさせて頂きました。

経験や知恵を持つ人は、
それを人の為に役立てなければ、
それもまた邪道だと思うからです。

経験や知恵を持つと、
世の中の色んなことが見えてきます。

人の心も結構見えてきたりして、
人の心を操ることもできてしまったりもします。

良くも悪くも力を手にしてしまうわけですが、
自分の持つリソースを人の為に正しく使い、
ベストを尽くしていくことが、
王道のプロフェッショナル、リーダーの
持つべきマインドです。

若いFさんに時折そうしたプロとして
持つべき正しいマインドセットを伝え、
教えの通り成長してくれているのが、
私としても格別の喜びを感じたりします。

善いペイフォワードを増やしていきたいなと
心から思ったりします。

長くなりましたが、
社会を変革していく為には、
そのエネルギーやメッセージを伝えていく
コミュニケーションやプレゼンスが大事になってきます。

文字でのコミュニケーションも大事ではありますが、
音声や動画など、目的などに応じて、
色んな手段を効果的に活用できるようになった方が、
これからのデジタル時代、
確実にビジネスや人生をより良きものにしてくれます。

アンケートにご協力ください

宜しければ、
以下のアンケートにご協力をお願い致します。

本日を持って、アンケートは一旦取り纏めて、
ebook作成に入ろうと思います。

ぜひあなたのお声も頂戴できると嬉しいです。

【アンケートでお願いしたいこと】

オウンドメディア作りに関して、
現在の取り組み状況や知りたいことなど、
以下3つの質問に回答を
お願いできれば幸いです。

【質問1】 どんなビジネスを行っていますか?
【質問2】 現在ビジネスで抱えている悩み(問題)や解決したいこと
【質問3】 オウンドメディア作りに関して学びたいことなど

アンケート回答はこちら

アンケート回答頂いた内容を参考にさせて頂き、
コンテンツ作りに活かしていければと思っております。

アンケートにご協力頂いた方に
無料Ebook「成果の出るオウンドメディアの作り方」
をお渡しさせて頂きます。

何卒、ご協力の程、宜しくお願い致します。

伊藤剛志

line%ef%bc%88%e9%80%9a%e4%bf%a1%e3%81%ae%e6%ad%b4%e5%8f%b2%ef%bc%89

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。