カリスマセミナー講師箱田忠昭先生が教える「一流の稼げるプロ講師になる為の出版の成功法則」

カリスマセミナー講師の箱田忠昭先生は、「一流の稼げるプロ講師になるには、絶対に出版した方が良い」といつも言い続けているそうです。

その理由を「3分で学べる動画」にまとめました。

一般的に、本を出すことを目的にした「出版する方法を教える出版セミナー」は世の中に沢山ありますが、一流の稼げるプロ講師になる為には、「本をヒットさせること」「DVDなど教材販売していくこと」「ノウハウを習得させる実践講座やコーチングなどを提供すること」というビジネスモデルを創ることを想定して、目的から逆算で、出版も計画していくことが大切になってきます。

稼げるプロ講師になる為の「出版」の効果的な活用法については、以下の2本の動画で詳細を解説しています。

1.「一流の稼げるプロ講師になる為の出版するメリット」

一流の稼げるプロ講師になる為に、本を出版することは、以下の3つの大きなメリットがあります。

1-1.知名度があがる

講師業で成功していく為に、何より大事なのが、「知名度」です。

「実力」や「教え方の上手さ」も大事ですが、それよりも「知名度」があると格段に仕事が増えます。仕事しながら、実力や教え方は磨いていくことができますので、まずは「知名度」を高めることが先決です。

出版することで、その「知名度」を高めていくことができます。

1-2.先生になれる

本を出していないと業者扱いされてしまいますが、本を出すことで、相手に見え方が変わり、「先生」と呼んでもらうことができるようになり、有利にビジネスを進めていけるようになります。

1-3.稼げるようになる

本に書いた内容をDVDや教材販売していくことで、セミナーに参加できない日本全国の方にもノウハウを学んで頂くことができ、講師にとっては「不労所得が生まれる仕組み」を創ることができ、稼げるようになります。

2.一流の稼げる講師になる為の出版の成功の秘訣

出版することは、一流の稼げるプロ講師になっていく為にたくさんのメリットがありますが、実際は、本を出して終わりで、本を出しても売れていない人がほとんどです。

私も最初は、出版してもちょぼちょぼしか売れず、ヒットしませんでした。

しかし、力のある出版社や良い編集長、プロデューサーと組むことで、ベストセラーを出すことができ、そこからカリスマ講師になっていくことができました。

本が売れることで、講師として、人生が変わっていきました。

出版では、1冊目が特に大事になってきます。

1冊目が売れているかどうかで、2冊目以降の出版ができるかどうがが決まってきますので、1冊目は必ず重版にすることが大事になってきます。

「出版」で成功する為には、本を売る努力をすることが大切です。

その為には、良いプロデューサーと組むことが大事になってきます。

一流の稼げるプロ講師になる為の「出版」の成功法則は、主に以下の様なテーマになってきます。

・良い出版社、編集長、プロデューサーと組む方法
・興味を持ってもらう出版企画書の書き方
・売れる本の書き方
・本を売る方法
・コンテンツ販売して不労所得を稼ぐ仕組みを創る方法