表現者のカリスマ長渕剛から学ぶ「表現者として大切なこと」

長渕剛ライブコンサート桜島

表現者のカリスマ長渕剛が伝える「表現者として大切なこと」

表現者のカリスマ長渕剛が、自分自身の魂の表現と格闘してきた経験から悟った「表現者として大切にすべきこと」を次世代の表現者に継承してくれます。必見です。

長渕剛「叫びの授業」

ピュアな高校生達が心を動かされる姿から長渕剛の魅力や実力が伝わってきます。

長渕剛 FNS歌謡祭2016「乾杯」〜ウ・タ・ヨ ノ・コ・レ!〜

長渕剛がTVを通じて今の音楽業界に想う気持ちや自分の心の叫びを全力で伝えてくれます。
圧倒的なパフォーマンスで、これだけの存在感を醸し出せるアーティストは日本では稀有です。

長渕剛の魂の叫び「歌よ残れ」

表現者として「良い作品を創る。良い作品を残す。」ということが魂の原点にあることをカリスマが全身全霊で伝えてくれます。

長渕剛 東京ドーム公演「LIVE’92 JAPAN」

1992年5月15日に行われた伝説の東京ドーム公演「LIVE’92 JAPAN」。
長渕剛は当時36歳。

東京ドーム史上初の65000人の大観衆が集まる東京ドームのど真ん中に円形のステージを作り、アコースティックギター1本だけの弾き語りライブ。

入場の時から、研ぎ澄まされた冷気の様なオーラを漂わせ、長渕剛の集中力やスピリット、世界観に引き込まれます。

ラストソングの「MOTHER」は、一説には、この歌には、長渕剛の母が病院をたらい回しにされ、その遅れで痴呆症に成り、その時の想いを唄に書き殴ったというエピソードがあります。

ヘッドホンを付け、まるで全ての音をシャットし、歌う事だけに集中するかのように、時にはギラついた鋭い眼差し、時には悲しい眼差しを繰り返しながら、その時の心情を想いだすかのように歌う長渕剛。

「素敵な夜をありがとう。感謝してる、また会おう。」

長渕剛という表現者の魂の叫びに刺激を受けるファン。そしてそのファンに感謝する長渕剛。

長渕剛という孤高の表現者の魂やその魂の叫びを表現しようとストイックに全身全霊で打ち込むその姿から、表現者として多くを学び、刺激を貰うことができます。

「剛、ありがとう。」

多くのファンが言うように、私の心からもその言葉が自然と溢れてきました。

最後に。長渕剛「Captain of the Ship」in 桜島

最高の一言に尽きます!

長渕剛ライブコンサート桜島

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。