サクセスマネジメントプログラム

目標達成の技術を知らないために
99%の人が満たされない人生を送ってしまっています

 

あなたもこんな悩みを持っていませんか?

  • 毎年目標を立てても、集中して徹底的に取り組めていないので、目標達成できず、同じレベルから進展せず、成長できていない。
  • 目の前のやるべきことに時間が取られて、本来やりたかった重要な目標が未達になってしまうことが多い。
  • 毎日流されて生きていると、「本当にやりたかったこと」や「なりたい自分」に向かって生きている充実感が少ない。
  • 目標達成をマネジメントするための知識やスキルがないので、流された受け身な人生を生きてしまっている。
  • 後悔しない人生を生きるために、目標達成(成功)する方法を学びたい。

 

目標達成が失敗する三大原因

①目標や計画が曖昧で管理できていない

目標や計画が曖昧だと、目標達成は失敗してしまいます。

目標や計画が曖昧だと、やる気や行動力が高まっていきません。周囲の人の協力も得づらく、結果として目標達成がうまくいきません。

②完璧主義で「問題志向」になってしまっている

過去から現在のできていること(成果)ではなく、あるべき姿(目標)と現状のGAP(問題)にフォーカスして、問題解決のためにやるべきことばかりに追われて、達成感よりも未達成感などネガティブな感情を感じてしまいがちです。

真面目で責任感のある日本人には、完璧主義で問題志向な人が多く、自信が持てず、心身共に疲弊してしまいがちです。

③情報に振り回されてしまっている

情報過多な現代において、私達は色んな情報に振り回されてしまいがちです。

スマホでネットサーフィンして色んなニュースを見たり、SNSで他人の情報を受けてばかりいては、自分の大事な目標にフォーカスしにくくなります。

勉強も、色んな本やネットや動画で勉強しても、集中して徹底的に行動して身につけなければ、成果に繋がりません。

多くの人が、情報に振り回され、目標達成できずに、中途半端な人生を送ってしまっています。

 

目標達成の技術を習得する必要性

これからの個人が活躍する時代は自己責任の元、主体的に自分の人生やキャリアをマネジメントして専門性(強み)のあるプロ人財となっていく必要があります。

個人が活躍できるチャンスが広がっていますが、自ら目標を立てて実行していく「経営者意識」と「マネジメントスキル」を持ち、活躍していく人とそうでない人との大きな格差が生まれていきます。

私達は、人生やビジネスにおいて、成長していくためには、目標を持ち、目標達成するための行動計画を創り、その行動計画を徹底的に実行して、成果を出していく必要があります。

目標達成するためには、目標や計画を明確にし、管理し、効果的効率的に時間を有効活用して、成果を創出していく必要があります。

この目標達成のスキルがある人とない人とで、成果や成長に大きな格差が生まれています。

一説には、「99%の人は目標を管理できておらず、目の前のことに流されているだけで、後悔する人生を送ってしまっている」と言われたりしています。

主体的に目標を持ち、目標達成に生きている人は1%程度のほんの一握りで、そうした人たちが成功者となっています。

自己責任の個人の時代が進んでいく中で、私達は目標達成のスキルを習得し、自分の価値を高めていく必要性が非常に高まっています。

そうした中、ハイパフォーマーが実践している「目標達成の技術」を体系的に学べるプログラムを用意しました。

 

 

(スライド資料)

サクセスマネジメントプログラムの対象者

サクセスマネジメントプログラムは、目標達成するためのマネジメントスキルを身につけたい以下のような方におすすめです。

職業

  • 会社を経営する経営者の方
  • コンサルや講師などプロフェッショナルとして活動している方やこれから活動していきたい方
  • プロジェクトをマネジメントするプロジェクトリーダーの方
  • 組織をマネジメントする管理職の方
  • 会社員の方でこれから副業や起業して自立していきたいと考えている方

こんな悩みをお持ちの方

  • 目標や計画を管理できていない。
  • 潜在意識を活用できていない。
  • 計画通り物事が進まない。
  • アイデアや情報が整理できていない。
  • 毎日、重要なことに取り組む時間が少なく、達成感がない。
  • 完璧主義で問題志向なので不安や心配になりがち。自信を持ちポジティブになりたい。
  • 集中力ややる気やコンディションの波があるので、良い状態創りしたい。
  • チームをやる気にさせる方法を学びたい。

サクセスマネジメントプログラムの目的と得られる効果

サクセスマネジメントプログラムでは、目標達成(成功)の技術を学び実践しながら習得し、自分の人生を主体的に創造する経営者(成功者)になっていきます。
目標達成の技術をマスターすることで、以下のようなメリットがあります。

①目標達成力が高まる

  • 目標や計画に集中できるようになる。
  • 創造力や企画力が高まる。
  • 時間をコントロールできるようになる。
  • 仕事の生産性(スピードや質)が高まる。
  • 良い成果を出して周囲の人からの評価や信頼が高まる。
  • 自分の強み(価値)を確立でき、市場価値の高い人財になれる。
  • ナレッジマネジメントのやり方をマスターできる。
  • パフォーマンスの高い状態(コンディション)を創ることができるようになる。

②常に自信を持ちポジティブに人生を楽しめるようになる

  • 毎日なりたい自分をイメージしながら、成長や充実感を感じられるようになる。
  • 自分に自信が持てるようになる。
  • 不安や悩みや心配などネガティブ感情が減る。

③周囲に良い影響を与えるリーダー(指導者)になれる

  • 目標達成するリーダーやハイパフォーマーの仕事術をマスターできる。
  • 主体的に本気で生きている姿を伝えていくことで、周囲に良い影響を与えることができる。
  • 目標達成の技術を周囲の人に教えて、人の成功を助けることができるようになる。

サクセスマネジメントプログラムの3つの特徴

成功の方程式マインドセット成功者プロフェッショナル

①ハイパフォーマーの仕事のやり方を学べます

国内200業種300社以上のハイパフォーマーの仕事のやり方を標準化する国内トップクラスのナレッジマネジメントの実績を有しています。
また、ハイパフォーマーが集まるコンサルティング業界の中においても、エース人財が実践しているプロジェクトマネジメントや仕事術を基に、目標達成や仕事の生産性を高める実践ノウハウを体系的に学ぶことができます。

②すぐに使える実践ノウハウやツールを紹介します

多数のプロジェクトやマネジメント指導してきた中から効果的で使いやすい実践ノウハウやツールをご紹介していきます。
興味のあるものから、すぐに実践して、効果を実感して頂くことができます。

③動画で好きな時間に好きな場所でeラーニングできます

目標達成の技術や各種ツールの使い方を動画で解説します。
好きな時間に、好きな場所で、オンライン学習して頂くことができます。

サクセスマネジメントプログラムで学べる内容「目標達成の技術」

①計画フェーズ「目標と計画を明確にする」

メディア戦略
  • 目標達成の基本的な考え方や全体像を理解する。
  • 情熱が無限に湧き出る志(ビジョン)を持つ。
  • 動機(やる気のスイッチ)を明確にする。
  • 目標達成方法(成功のレシピ)を見つける。
  • 最善の戦略(手段)を選ぶ。
  • 目標達成のロードマップ(道筋)を創る。
  • 目標達成を決断する。
  • 目標達成するための環境を用意する。
  • 目標を潜在意識にインストールする。

②実行フェーズ「最高の自分となり最高の成果を出す」

仲間の輪の力
  • 時間管理の基本的な考え方を理解する。
  • 時間の使い方を効果的に管理する。
  • 迷いや不安なく、一心不乱に目標達成に集中する本気モードを創る。
  • 目標達成に集中して、時間の断捨離する。
  • 効率的にインプット&アウトプットする。
  • 仕事の生産性を高めるためにIT活用する。
  • 人を有効活用して、チームでパフォーマンスを高める。

③評価・改善フェーズ「経験を価値にして改善に繋げる」

  • 進捗管理の基本的な考え方を理解する。
  • 情報を集めて事実を把握する。
  • 成果(うまくいったこと)と成功要因を把握する。
  • 失敗(うまくいかなかったこと)を失敗要因を把握する。
  • 経験を意味づけ(価値付け)する。
  • 改善プランを創る。
  • 経験や体験知を周囲の人と共有し、組織のナレッジを高める。
  • 頑張った自分にご褒美を与える。

サクセスマネジメント プログラムの学習方法

①会員サイトでのオンライン学習(教材、解説動画、オンライン添削)

②会員限定Facebookグループでの情報交換、実践報告等

③会員セミナー(ワークショップ)(毎月開催)

④プロコン定例会への参加(毎月)

⑤プロコン通信の購読(毎月)

受講生の声&推薦の声

会社員からコンサル起業に成功できた藤原さんの声

社会保険労務士&人事コンサルタント深沢さんからの推薦の声

サクセスマネジメントプログラムの概要

【内容】:
①会員サイトでのeラーニング
②会員グループでの実践報告や情報共有
③会員セミナー(毎月開催)への参加
④成功事例を共有する「プロコン定例会」(毎月開催)への参加
⑤成功事例を共有する「プロコン通信」(毎月発行ニュースレター)の購読

【講師】:伊藤剛志
【参加費】:5万円(定価10万円ですが、現在特別割引価格でご参加頂けます)
【期間】:入会月より1年間利用できます。

サクセスマネジメントプログラムの参加方法

以下フォームより申込みください。

講師プロフィール

伊藤剛志の略歴

伊藤剛志(Takeshi Ito)
経営コンサルタント
コンサルタント&講師専門のビジネスプロデューサー
コンサルタント専門ビジネススクール「プロコンアカデミー」を主宰
コンサルタント向けビジネス情報メディア「コンサル進化論」を運営

大阪生まれ、大分育ち。早稲田大学商学部卒業後、経営戦略コンサルティングファームにて、自動車メーカー、百貨店、中古車流通、ソーシャルメディアマーケティング分野等の大手有力企業の経営改革プロジェクトに多数関わり、業界リーディングカンパニーやブランド創りの実績多数(BtoB企業向けコンサルティングフィーは月額500万円)。

大手企業のデジタルマーケティング戦略や動画を活用したビジネスモデル構築も多数プロデュースし、そのプロジェクトの中で、動画制作のトップクリエイターや人気ユーチューバーとも一緒に仕事して、独自の動画マーケティングの実践メソッド(成功法則)を確立。

現在は「新しい教育を通じて社会を豊かにしていく」ミッションに基づき、有力なコンサルタントや講師のビジネスプロデュースに注力し、動画を活用してブランドや影響力を最大化し社会を変革するリーダー(プロフェッショナルコンサルタント)の育成に尽力する。

コンサルタントや講師向けの動画マーケティングセミナーを2013年より開催し累計300人超が受講し、「コンサル起業法(ビジネス構築法)」や「動画マーケティング」を指導した動画セミナーには約5,000人が参加し、受講生から業界トップクラスのブランド構築した成功事例も多数。

コンサルタント&講師専門のビジネススクール「プロコンアカデミー」を運営し、動画を活用して自分のブランドや影響力を最大化して社会を変革するリーダー(プロフェッショナルコンサルタント)のビジネスモデル構築のプロデュースを多数手がける。

YouTubeの専門家としてフジテレビ/日経リサーチ/読売新聞等のTV・新聞・雑誌などにも情報提供し掲載実績多数。

この機会にぜひマネジメントスキルを一緒にマスターしていきましょう!

私は経営コンサルタントとして、プロジェクトマネジメントのプロフェッショナルとして、数多くのプロジェクトのマネジメントに携わってきました。

事業会社で実業のマネジメント、新規事業や新規サービスの立上げなどにも多数関与し、大きな成果を生み出す素晴らしい成功体験も数多く経験してきました。

私個人としても、キャリアの実現、起業、独立後も数々のプロジェクトのプロデュースなどを手がけ、成功事例も多数創ってきました。

もちろん、失敗した数も多数あります。

その両方の経験を多数していくことで、成功できた時、失敗した時の違い(要因)についても分析し、最も大事な要因が、今回ご紹介するマネジメント力にあるということを痛感しています。

思考は現実化する」という言葉通り、徹底的に考え抜き、本気で実現したいとコミットして、ベストを尽くせば、目標達成(成功)する確率が非常に高まります。

努力すれば必ず成功できるという保証はありませんが、成功者は必ず努力しているということは私も確信しています。

色んなビジネスやプロジェクトの現場を見ていても、目標やプランの立て方が曖昧だったり、絵に書いた餅で現実感がなかったり、また関係メンバーへの落し込みが弱く形骸化してしまっていたり、失敗するケースは、確実に目標や計画を明確にできていないという共通点(要因)があったりしました。

監修:資産工学研究所 所長 坂本善博

資産工学研究所坂本先生ナレッジファシリテーションマネジメントセミナー

株式会社資産工学研究所所長 坂本善博
ナレッジマネジメントの第一人者

「ビジネスや人生のナレッジを見える化することで知的なムダを排除し質の高い活動を支援する」ことを使命に事業活動を展開中。

1972年、東京大学経済学部卒業。富士通株式会社入社。システムエンジニアとしてIT適用指導を担当。商品企画部長として戦略情報システム、オープンシステム、マルチメディア化、パーソナル化の商品化を中心に商品企画を担当。

1994年、昭文社専務取締役に就任し、地図のITメディア商品を開発。

1998年、資産工学研究所を設立。「サクセス考動マネジメントシステム」を開発し、「見える化」の「ナレッジファシリテーション技法」をキーテクノロジーに、企業の「サクセス考動マネジメント」のコンサルティングを展開中。

顧客として、日本銀行、三菱東京UFJ銀行、野村証券、東京海上日動火災保険、NTT、富士通、トヨタ自動車等の大企業や先進的ベンチャー企業など国内200業種300社以上のナレッジマネジメントの実績。

2006年、金沢工業大学大学院客員教授就任。