コンサル経営セミナー「コンサルタントのための動画マーケティング入門(2021年版)」

動画マーケティング入門セミナー2021年版

7月24日(土)13時-16時にてコンサル経営セミナー「コンサルタントのための動画マーケティング入門セミナー【2021年最新版】」を開催します。

※当日参加できない方も、録画版で後日視聴することも可能です。

今回は2021年最新の「動画マーケティングのトレンドと対策:動画の活用法」をテーマに成功事例や成功ノウハウをナレッジ共有していきます。

「動画は、最強のマーケティングツール」です。

動画をうまく活用できるかどうかで、デジタルマーケティングの成果に大きく影響してきます。

2013年より動画マーケティングの支援で数多くの成功者を輩出してきた伊藤剛志が、2021年最新の動画マーケティングの成功のルールをお伝えします。

特に、最近は、tiktok、インスタ、YouTubeで、「ショート動画」の活用の重要性が高まっています。

1分間のショート動画は、動画初心者の方でも実践しやすく、また動画制作にかかる労力も最小で済み、うまくやれば効果は大です。

なぜ、ショート動画が重要なのか?

どんなショート動画を作れば良いのか?

どのようにショート動画を作れば良いのか?

ショート動画の攻略法を具体実践的にお伝えしていきます。

こんな方におすすめです

  • これから動画を始めていきたい方
  • YouTubeマーケティングの最新動向を学びたい方
  • 動画活用の成功事例や成功の秘訣を知りたい方
  • 動画を活用してマーケティング力を強化したい方
  • 動画の正しい活用法を学びたい方
  • 動画の作り方を具体的に学びたい方

動画活用に関する質問トップ5

  • なぜ、動画をやるべきなのか?
  • 動画の効果は?
  • 動画のメンタルブロックを外すには?
  • どんな動画を作れば良いのか?
  • どうやって動画を作れば良いのか?撮影機材、編集ソフトは?

セミナー内容

■動画マーケティングトレンド2021
・「ショート動画」が注目を集めている理由
・実用的な「マニュアル動画」が最も成功しやすい
・今後押さえていきたい「ライブ動画」

■動画マーケティングのメリット
・認知を広め、見込み顧客を集める仕組みにできる
・ブランディング(信頼構築)できる
・顧客サポートを仕組み化できる

■動画マーケティングの成功事例
・認知アップ
・セミナー集客
・新規顧客獲得
・顧客向けマニュアル

■成果の出る動画の3つの要件
・キャラ
・コンテンツ
・動画

■動画マーケティングで成果を出すための心構え
・動画の苦手意識を払拭する方法は?
・成功するユーチューバーと成功できないユーチューバーの違いは?
・動画の数、クオリティーは?

■どんな動画を作れば良いのか?
・Googleが推奨する動画の種類
・コンサルが使うべき動画の種類

■動画の具体的な作り方
・1分間ショート動画の作り方
・マニュアル動画の作り方

開催概要

開催日時:7月24日(土)13時-16時

開催形態:Zoom

参加費:一般3000円、会員無料

備考:当日参加できない方も、録画版で後日視聴することも可能です。

参加方法:当日参加もしくは録画視聴をご希望の方は、以下のフォームより参加申込みください。

https://forms.gle/m95edhCDMeuZ5v6n6

The following two tabs change content below.
コンサルタント&講師専門のビジネスプロデューサー。早稲田大学商学部卒業後、経営戦略コンサルティングファームにて、大手自動車メーカー、大手百貨店、中古車流通、ソーシャルメディアマーケティング分野等の各業界ナンバーワン企業の経営改革プロジェクトを推進。 現在は「新しい教育を通じて社会を豊かにしていく」ミッションに基づき、有力なコンサルタントや講師のコンテンツマーケティングやビジネスモデル構築のプロデュースを手がける。

プロフェッショナルコンサルタント養成講座【無料オンライン講座】

デジタル時代に稼げるコンサルタント&講師になるための「オンラインビジネスを構築する方法」を解説したebookと動画を登録頂いた方に無料でお届けします。

Zoomマスタースクール

Zoomマスタースクール

Zoomを活用して「ビジネスのオンライン化」を進めている
プロが実践している「Zoom活用ノウハウ」を
あなたもマスターできる『Zoomマスタースクール』を開校します。

Zoomを活用して「ビジネスをオンライン化」していく方法の全容
こちらのページで解説しています。

これからのアフターコロナの時代を生き抜いていくための
極めて重要な内容になりますので、ぜひご確認ください。