動画を活用した教育コンテンツ作りに着手しました。

今日の数値進捗(2016年11月3日分)

ブログの影響力

UU数:12UU
PV数:95PV(当月累計105PV)

コンテンツ作りする中で自分でページ閲覧しているPVも含まれていますが、メルマガやFacebookなどでコンテンツ更新を告知することで、約100PVほどを集める力はあるようなので、月間に換算すると3,000PV程の影響力が現在の実力という状況で、動画ブログ作りの第一目標の3,000PVは達成ラインにあるということがわかりました。

今日のアクション

動画を活用した教育コンテンツ作りに着手

これまでに作っていたプレゼン動画を文字起こしして、動画&テキストによる教育コンテンツ作りに着手しました。

既にWebマーケティングトレンド解説シリーズ井口さんとの対談「動画マーケティング成功の秘訣」などで、動画の解説内容を文字起こししたコンテンツ作りに着手していましたが、今回の文字起こしした「動画マーケティングマスタープログラム」は、自分の中でも本格的に作ったプレゼン動画でしたので、これを文字起こしすることで、けっこう労力もかかりましたが、その分、動画&テキストによるハイクオリティな教育コンテンツの第一号を生み出すことができ、かなり達成感もありました。

1.動画マーケティングを活用した「優良顧客獲得システム」の構築方法 【動画マーケティングマスタープログラム】

2016.10.06

30分程のプレゼン動画ですが、動画の中で説明しきれていなかった部分や文脈をわかりやすく修正したりして、文字起こししながらコンテンツのクオリティーを高めていくと、コンテンツ化するのに3時間程の時間がかかりました。

良質なコンテンツは、時間をかけて磨きあげるほど、やはり良いものにしていくことができます。

今回のコンテンツも、動画&テキストによる教育コンテンツは、手間などかかることから、まだほとんどの人がやっていないタイプのコンテンツになりますので、新しいコンテンツのタイプを開発することや、また他の人達との差別化にも繋がり、またプレゼンでお伝えしたかった内容も補足することでより文意をわかりやすくかつ有益なコンテンツとして磨きあげることができ、価値のあるコンテンツになったのではないかと思います。

また動画を何度も確認することで、自分のプレゼンの話の拙さなど改善点にも色々と気づくことができ、今後プレゼンの話し方なども改善しながら、総合的なコンテンツ力(プレゼンテーション力)を高めていければと思いました。

自分のプレゼンを動画でチェックして自分自身と向き合うのは、最初はけっこう苦痛を感じる辛いことだったりもしますが、でもプレゼンを上手くなるには、動画で自分のプレゼンを確認(現実を直視)して改善すべきを改善するというのは、とても大切になってきます。

クライアントファーストマインドを持って、自分のエゴを捨てて、精進していきたいと思います。

動画マーケティングで成功する為の条件

無料ebook「プロフェッショナルマーケティング入門」

プロフェッショナルマーケティングPJTに参加して頂いた方には、無料ebook「プロフェッショナルマーケティング入門」で、最新のデジタルマーケティングを活用して、影響力と集客力と収益力を手に入れ、ダントツのプロフェッショナルになる為のビジネス戦略やロードマップをお伝えします。

プロフェッショナルの為の動画マーケティング入門セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションできるようになることが、これからのビジネスで最も重要な成功の鍵になってきます。プロフェッショナルの動画マーケティングで成果を出していく為の戦略の作り方やいますぐどう始めていけば良いかのロードマップなどをお伝えし、あなたの動画マーケティングの成功を加速させていきます。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。