選ばれる存在になる為には、本質的なマーケティング思考「顧客の体験価値を高める」にフォーカスする

魅力的な体験

ブランディングで最注力すべきセンターピンは「顧客の体験価値を高める」ことに尽きます。

顧客との全てのバリューチェーンにおいて、クオリティの高い価値提供(コミュニケーション)を行うことが大切です。

Webマーケティングにおいても、HPやブログや動画などコンテンツを作ることが目的ではなく、顧客との価値があるコミュニケーションを作ることが目的です。

顧客とコミュニケーションを行う中で、ライバルと差別化して選んでもらう存在になるには、アイデンティティを伝えることが大事になってきます。

「私達の使命は何か?」

「顧客に対して、どんな約束をするか?」

顧客に信頼興奮(ワクワク感)を感じてもらうことができれば、差別化することができ、選んでもらえる存在になることができます。

マーケティング思考の弱い人は、「実績がないから、差別化できない。」「他社との製品特徴(仕様)にそれほど違いがないので差別化できない。」などと有形資産で他社との違いを見つけようとしてしまいます。

ブランディングに成功しているApple、Google、リッツカールトンなどの企業が、顧客に伝えているものは何か?

製品特徴や実績でなく、顧客に価値のある体験を提供することを約束する価値観や姿勢、創りたい世界観といったアイデンティティを伝えています。

顧客と一緒に実現していく素晴らしい未来への想いの熱量が、顧客の心を動かします。

その顧客への想いを効果的に伝える為に、マーケティングスキルが必要になってきます。

マーケティングスキルが低い人は、マーケティング思考よりも、マーケティングスキルにフォーカスしがちです。

目先の施策(チャンス思考)に陥りがちです。

マーケティング思考が磨かれていないと、いくら施策を打っても、効果はでづらいです。

マーケティングスキルが磨かれてくると、マーケティング思考の重要性に気づいてきます。

日本企業はマーケティング思考もマーケティングスキルも低い人が多いので、真剣に学びアイデアを考え実行すれば、業界にもよりますが、ダントツになるチャンスは割と多くあります。

同業種のHPやマーケティング施策を比較分析すれば、勝ち方のヒントも見えてきますが、有形資産の競合比較よりも自社の無形資産に目を向けて、アイデンティティを明確にしていけば、圧倒的な差別化を生み出すヒントが見つかります。

顧客に魅力的な体験(ストーリー)を提供することが、ブランディングや差別化の絶対的なKSFです。

競合との表面的な戦いに勝つ方法よりも、顧客にどんな魅力的な体験を提供するかの本質的な勝ち方を考えていきましょう。

魅力的な体験

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。