影響力を持つオウンドメディアを作る為に最も大事なルール

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

影響力のあるオウンドメディアを作ることが、ビジネスの成功に必要不可欠

今回は影響力のあるオウンドメディアを作り、顧客を集める為に、必ず抑えておくべき大事なルールをお伝えしたいと思います。

ビジネスの本質は、顧客の抱える問題を解決をして、顧客を喜ばせる、幸せにすることにあります。

その為、「自社の持つ商品やサービスが、どれほどの価値があるかを広く伝えたい。Webマーケティングでその価値を伝えて集客する仕組みを作りたい。」と私もよく相談を受けます。顧客を増やしていくためには、「影響力を持つ」というのが、極めてクリティカル(決定的)なポイントになってきます。

その影響力を持つ為には、「オウンドメディアを作る」というのが、マーケティングの常識になりつつあります。

影響力のあるオウンドメディアを作ることが、ビジネスで成功していく為の非常に重要な課題になってきています。

影響力のあるオウンドメディアの特徴

オウンドメディアには、ブログ、HP、YouTubeなどいくつかの形態もありますが、圧倒的に影響力のあるメディアには、共通している特徴があります。

「コンテンツが優れていること」

影響力のあるオウンドメディアを分析していくと、やはりコンテンツ力だなという結論にいきつきました。

いいね、ツイート、ブックマークなど、そのコンテンツに触れた読者の評価、ページ滞在時間、離脱率、被リンク数などGoogleの検索エンジンからの評価などで、価値のあるコンテンツは正しく評価される仕組みがインターネットの世界ではできてきています。

優れたコンテンツを提供する人が、影響力を持つことができる。

そして、影響力を持つ人が、圧倒的な力を手にすることができる。

contents is Kingの時代は、ひとり勝ちの時代とも言われたりします。

言い換えると、優れたコンテンツを提供する人が、ブランド力や集客力などビジネスの成果の多くを手に入れてしまう弱肉強食の格差社会がビジネスの世界では加速する傾向にあるということです。

その為、同じ業界のライバルよりも影響力のあるオウンドメディアを持てるかが、ビジネスの競争で勝っていく為に大事になってきます。

優れたコンテンツを創り出す秘訣

では、「その優れたコンテンツを創り出す秘訣は何か?」

優れたコンテンツを沢山分析していくと、明らかに気づくことがあります。

「相手の為に役立つコンテンツなのか?、自社をアピールする為のコンテンツなのか?」

というコンテンツに込められた「想い」の違いです。

価値のあるコンテンツを創り出す為に、プロが常に意識している大事な掟があります。

「そのコンテンツを見た人が、永久保存版として保管してもらえるくらいの最高のコンテンツを提供しろ」

という掟(ルール)です。

プロとしてビジネスをしているのであれば、顧客の問題解決をすることが仕事です。

Webマーケティングでは、コンテンツを通じて相手の問題を解決することで、価値を提供することができます。

価値を提供していくことで、信頼関係を構築し、潜在顧客を見込み顧客に変えていくことができ、見込み顧客を顧客に変えていくことができます。

影響力を持つメディアを作る為には、ファンを創り出す「圧倒的な価値のある素晴らしいコンテンツを提供する。」ということに尽きます。

そして、Webマーケティングが素晴らしい理由であり、このソーシャルメディア時代のチャンスは、「素晴らしいコンテンツは広まるスピードが速く、成功スピードが速い」ということです。

素晴らしいコンテンツを生み出すことができれば、瞬時に広まり、存在を知らしめることもできます。

実際、私のクライアントでも何度もそうした光景を見てきました。

「一球入魂」

野球やサッカーなどの世界で、真のプロが大事にしているルールです。

ここで大事なのは、「一瞬一瞬の機会に集中する」という集中力も大事なのですが、圧倒的な存在感(輝き)を持つ真のトップが意識しているのは、顧客を喜ばせる(魅せる)という気持ちを大事にしているということです。

スポーツの世界では勝負の勝ち負けももちろん大事ですが、スポーツを通じて見ている人に夢を与えたり、魅了するプレーでファンを喜ばせるのが、ファンの心を掴む大事なポイントになってきます。

人気のあるスーパースターは、ファンを喜ばせているから、人気があります。

コンテンツマーケティングでも1記事(コンテンツ)にどれだけ「顧客への想い」が詰まっているかが大事なポイントになってきます。

contents is kingの時代のルールに従い、クライアントの価値を広めて、成功を支援していけるよう今日も仕事に励みます。

ダントツになる為の戦略を提案し進化へと導きます。

経営コンサルタント
伊藤剛志

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。