YouTubeは成果のでるスピードが非常に早い!(動画マーケティングのメリット、特徴)

会員さん達も動画マーケティングを実践して続々と成果を出してくれています!

今日は、会員さんにこんなメール送りました。

タイトル:【おめでとうございます!】

「●●● ●●●」でさっそく検索トップ5に
●●さんの動画が2本ランクインしています。

私の指示通り、動画タイトルを変更し、
説明文に伊藤テンプレートを貼付けてもらえれば、
●●●を探している人が検索するキーワードで、
検索上位を制覇していくことができそうです。

どんどん量産して、ブランディング&集客に繋げてください。

●●●さんや●●●さんの動画も
動画タイトルをキーワード対策を意識して修正し、
露出増やしていきましょう!

動画(YouTube)は成果もでやすいので、
このやりたい放題のチャンスな今のうちに、
ガンガンやりまくってください。

●●●に続いて、
YouTubeでも●●●のダントツな存在だと
ブランディングしていける柱(仕組み)を作っていきましょう。

▼この事例の詳しい解説はこちらの記事をご覧ください
http://itotakeshi.com/dantotsu/case-study-practice-1

トップユーチューバー達には負けますが、一般ビジネスでの動画マーケティングでは、私はおそらくトップクラスのメソッドを確立できてきましたので、私の正しい戦略とやり方で実践していけば、クライアントもガンガン成果を出しはじめてきました。

%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

実践してまだ一ヶ月もたっていないのに、YouTube検索の上位独占してきてるから、嬉しさを通り越して笑いがこみ上げてきたりもします(笑)

YouTubeは、成果のでるスピードが非常に早いので、実践しがいがあります。

凄すぎなくらいだったりもしますが・・・。

本当に、YouTube、動画マーケティングは、これまでのマーケティングとは、次元の違う成果を生み出す威力があります。

あなたも2015年はぜひ、動画マーケティングを全力でやっていかれることをおすすめします。

ビジネスを明るい未来にできるかどうかは、動画マーケティングにかかっているといっても、過言ではありません。

というか、私のクライアントには、絶対的に、強力に薦めていますので、あなたもチャンスを感じていたら、是非実践していかれることをおすすめします。

本気で成果を出すには、なんとなくでなく、覚悟を持って、真剣に正しいやり方を学び、実践することが大事です。

そんな本気でトライしたい方の為に、私も本気でノウハウ公開して、チャンスや成功をシェアしていきたいと思っていますので、ここからあなたのビジネスの変革のきっかけをぜひ掴んでください。

それでは、今回は以上とさせて頂きます。

あなたの成功を心から応援しています。

伊藤剛志

youtube-logo

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。