コンサルタントの為の売れるコンセプトの作り方

売れるコンセプトの作り方(1/2)

売れるコンセプトの作り方(2/2)

売れるコンセプトの作り方を動画で解説しました。

コンセプトという言葉は、一般的によく耳にもしますが、捉え方は人それぞれだと思ったりもしています。

私は、顧客とその顧客の持つニーズを特定し、そのニーズを満たす価値のあるものを創り出すことだと捉えています。

少し難しいので、わかりやすくいうと、顧客のニーズと商品の価値をマッチングさせる作業です。

ビジネスは、顧客が価値を理解できるように翻訳してあげることが大事になってきます。

顧客に、これは価値があるものですよと伝えてあげる作業です。

ノウハウ商売をしているコンサルタントやセミナー講師は、無形のナレッジを商品にしています。

ナレッジは、価値がわかりづらかったりします。

・自分にとってどんな価値があるのか?

・他の類似のノウハウとどう違うのか?

・なぜ、その人から学ぶ必要があるのか?

顧客が選びやすくする為に、こうした疑問に応える作業がコンセプト作りともいえます。

顧客にわかりやすく価値のあるものですよと伝える作業です。

食事に例えると、素材も食事に加工しているからこそ美味しく食べられるわけです。

顧客に価値のあるものとして受け入れてもらう作業。

売れてない人は、この作業をしっかりできていないことが多いようです。

食品を販売する時、成分表を説明しても、よほどマニアックな顧客以外は、興味を示しません。

顧客にわかりやすい言葉で、食品の価値(魅力)を伝えるように翻訳する作業。

どんなビジネスにおいても、売る力に直結する非常に重要なビジネススキルになります。

コンセプトを作る考え方は、どんなビジネスにもかなり共通していたりもします。

自分では自覚できていなかったりしますが、私の最大の強み(魅力)は、戦略作りのスキルが他のコンサルに較べてダントツにあるとよく色んなクライアントさんが褒めてくれます。

あらためて私も自分の強みやその価値をこのコンセプトの作り方の技術で、整理したりしています。

非常に価値のあることを自分でも実感でき、コンセプト作りにフォーカスした講座を企画中です。

伊藤剛志

コンサルタントの為の売れるコンセプトの作り方伊藤剛志

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。