伊藤剛志のプロフェッショナル動画マーケティングの実践ストーリー

井口晃伊藤剛志対談動画マーケティング

目次

私のプロフェッショナル動画マーケティングの経験と実績について

私が動画マーケティングを始めたきっかけ

私が動画マーケティングを始めたきっかけは、Facebookやブログなどのメディアでのマーケティング力に限界を感じ始めたのがその大きな理由でした。

コンテンツマーケティングやオウンドメディアの構築プロジェクトを複数のクライアントで進める中で培ってきたノウハウや成功事例などを情報発信して、コンサルタントとしての自分のブランディングやまた将来的な新規顧客獲得の仕組みを作っていく為にブログ、メルマガ、Facebookなどで情報発信しながらメディア作りをしていました。

私はもともとFacebookマーケティングを強みとして、Facebookでブランディングしたり、またコンテンツマーケティングのプロとしてブログもクオリティーの高いコンテンツを提供し、月間10万PVくらいのアクセスを集めるメディアに育て運営していました。

しかし、Facebookやブログで認知を増やしても、集客などのビジネスにはほとんど繋がらず、集客に繋げていく為には、見込み顧客との関係構築を別なやり方で強化する必要性を感じていました。

また、ビジネスモデルとしても労働集約型のコンサルティングワークでは、自分の時間やエネルギーなどのリソースがビジネスの制約になる為、ビジネスの成長にも限界を感じていました。

コンサルビジネスを更に事業拡大させていく為には、良質な顧客と収益性の高いPJTをやる形に付加価値を高めていくか、会員制コンサルティングやコンテンツビジネスといった仕組み型のビジネスモデルへ変革していく必要がありました。

いづれにしても自分の価値を最大限に伝える自分の分身となる動画コンテンツを増やしていかなければならないので、動画をやらなければいけないというのは、もはや避けて通ることのできない最重要の課題(壁)でした。

そうして動画マーケティングをやらないといけない必要性は強く感じていたものの、動画という新しいメディアへのチャレンジは、やり方などの知識やスキルの問題であったり、また動画の前で話すというメンタル面での問題だったり、色んな問題があることでやるべきだとはわかっていても、なかなか実行するまでには至っていませんでした。

しかしながら、動画を活用して影響力のあるメディアを作り、ビジネスモデルを変革していこうと決意し、遂に動画マーケティングに踏み切ることにしました。

そこでまず、自分が最も価値あるコンテンツを提供できるテーマを考えてみたところ、これまで自分が最も沢山のビジネス経験をしてきてかつナレッジも豊富なコンサルビジネスのノウハウについて情報提供し、見込み顧客との信頼関係構築に繋げていければと思い、「コンサル起業実践講座」というオンライン講座を動画で作り始めました。

オンライン講座「コンサル起業実践講座」

コンサル起業実践講座コンサル起業実践講座

最初は動画の撮影や作り方など何もわからない手探りな状況でしたが、やりながら少しづつスキルアップしていこうということで、会議室を借りて自分ひとりでビデオカメラを前に置いて撮影したのが私の一番最初の動画撮影でした。

カメラの前で緊張したりでなかなかうまくしゃべることができず、はじめての動画を取る為に2時間程かかり、なんとか1本のプレゼン動画を撮影することができました。

見込み顧客にとって価値のある動画を作りプロモーションして成果を出していく為には、自分で独学でチャレンジしても成長スピードが遅く、良い指導者(コーチ)をつけるべきだということは直ぐに悟りました。

動画マーケティングは最も重要な戦略であることを理解していたので、動画マーケティングのトップエキスパートにコーチングを依頼することにして、本気でやらざるを得ない強制力の強く働く環境を作り、進捗報告したり、個別にアドバイスを貰いながら、動画プロモーションを作りはじめていきました。

オンライン講座に登録してもらう為のLPなどのHPも自分で試行錯誤しながら手作りで作成したり、動画で話す元となる教育コンテンツ作りや動画撮影など全てをひとりで回していくのはかなり無理がありましたが、それでも一応なんとかやりきることができました。

最初はうまくいかないことが多くて本当に大変でしたが、、後から振り返るとそれも後々成功していく為の必要なプロセスで大事な経験だったと解釈することができるようになりました。

【成果や実践ポイント】
オンライン講座を作るのは、自分ひとりでは非常に困難で、ひとりでやっていれば確実に途中で投げ出していたと思いますが、メンターがいたおかげで投げ出さずになんとかやりきることができ、新しいチャレンジにはメンターやコーチが必要不可欠だということを改めて強く実感できました。

はじめての動画プロモーションでしたが、自分の豊富なコンサル経験などをもとにしてコンセプトや内容は非常に濃いユニークな内容で色んな方からも紹介して頂けたりして、約3000人の方に参加して頂くことができました。これまでリーチできなかった日本全国の方に情報提供することができ、オンラインで顧客獲得できるようになったりしたのもこの動画プロモーションがきっかけでした。

コンテンツとしても、まずプレゼンテーションのスライドを作り、それをUstreamでウェビナーで配信し、そのウェビナーを録画した動画をYouTubeにも動画コンテンツとしてアップし、その動画をブログやFacebookやメルマガで展開するというコンテンツマーケティングの成果を面で最大化するコンテンツ拡散戦略を着実に実行していくことで、「コンサル起業」というニッチキーワードではライバルを圧倒するポジションを取ることができ、一躍リーダーポジションを獲得することができました。(リーダーとなることで、沢山のライバルからモデリングされたりすることも実体験することができました)

オンライン講座「動画マーケティングマスタープログラム」

動画マーケティングで成功する為の条件動画マーケティングマスタープログラム
オンライン講座「コンサル起業実践講座」のプロモーション後も動画マーケティングの勉強や実践に力を入れて、動画マーケティングにもだいぶ慣れてきてルーティンで実行することができるようになり、そうして培った経験やノウハウをセミナーで教えていきました。

そうするとセミナーで教えた受講生が直ぐに動画マーケティングを実践して成果を出し始めて、私の教えていたコンテンツの内容が良かったということもありますが、動画マーケティングが非常に強力なマーケティングツールだと改めてその重要性に気づかされました。

そしてその動画マーケティングの重要性や確実に成果を出していく実践的なノウハウをより多くの方にお伝えしていこうと2弾目のオンライン講座「動画マーケティングマスタープログラム」をプロモーションしました。

前回のプロモーションをひとりでやり色々と限界を感じたり学べたこともありましたので、今回はLPや動画撮影などはプロの外注パートナーに依頼し、私はコンテンツの内容作りに注力して、オンライン講座のクオリティーを高めていく戦略を取りました。

【成果や実践ポイント】
LPや動画などプロに依頼するとデザインなど見栄えのクオリティーも格段に高まり、コンテンツの内容の良さもあって、多くの方から良いプログラムだという評価を頂き、そのプログラムを見た方から「動画マーケティングのやり方を教えて欲しい」という反響なども多数頂けるようになり、ブログやFacebookなどの従来のメディアと反応がまるで違う動画プレゼンテーションの影響力の効果を実感することができました。

オンライン講座も多くの方からコメントを頂いたり、シェアして頂いたりで、約3000人の方に参加して頂くことができ、そこから会員制コンサルティングに参加して頂く方もでてきました。

動画マーケティングのやり方についても体系的にコンテンツとして纏めることができ、この動画シリーズを見た方から動画マーケティングのエキスパートとして認識してもらえるブランディング効果も大きく、その後、出版社の方から出版のお話を頂いたり、また大手企業の動画マーケティング案件を色々と手がけていく展開にも繋がっていきました。

大企業の動画マーケティングをプロデュース

トップユーチューバー
大手企業の動画マーケティングPJTに参画させて頂き、動画マーケティングのリーディングカンパニーのモバーシャルやユーチューバー専門のプロダクション会社のUUUMなど動画マーケティングのトップランナー達と共に、大手企業の動画マーケティングPJTをプロデュースし、そうしたPJTを経験していく中で動画マーケティングの実践ノウハウが更により高度なものへと進化させていくことができました。

【成果や実践ポイント】
大手企業とトップユーチューバーがコラボレーションした動画プロモーションをプロデュースさせて頂く中で、トップユーチューバーとはじめて一緒に仕事をして、ダントツに成功しているトップユーチューバーは動画の映像演出などの表面的な見栄えではなく、良いプレゼンテーション(コンテンツ)を提供し続けることに非常にこだわり、その姿勢やコンテンツクオリティがファンを作ることができ、それが動画マーケティングの成功の秘訣だという本質を学ぶことができたのが、非常に重要な気づきとなりました。

動画コンテンツの質を高めていく為に、動画マーケティングのトップランナーの複数社と仕事して各社のコンテンツ制作メソッドを参考にしながら、独自のコンテンツ設計メソッドを開発していくことができました。

また、私の培ってきた動画マーケティングメソッドを活用して、大手企業の動画マーケティング案件でも確実に成果を出していくことができ、自分の動画マーケティングメソッドの価値に対する自信が深まりました。

「YouTube調査レポート」がバイラルコンテンツとなり日経・読売・フジテレビ等の大手マスメディアに記事掲載される


YouTube利用実態調査レポート

YouTubeがどういう人にどういう使われ方をしているメディアだというメディア特性を動画マーケティングのプロとしては把握しておく必要があり、そうしたYouTubeのメディア特性に関する情報が公に存在していなかった為、自社で独自調査を実施して「YouTube利用実態調査レポート」をプレスリリースさせて頂きました。

国内初の価値のある調査レポートができあがり、このコンテンツをコンテンツマーケティングするとどのような成果を生み出せるかというテストマーケティングも兼ねて実験してみました。

【成果や実践ポイント】
YouTubeのユーザーの利用動向について詳細に調査分析した日本初の貴重な調査レポートとなり、プレスリリースすることで多くのニュースサイト等で掲載され、スライドシェアでも5,000回以上閲覧される影響力のあるコンテンツになりました。

そうしたプレスリリースや調査レポートを見た日経、読売、フジテレビなどの大手メディアからも問合せやYouTubeや動画マーケティングについての見解を求められるようになりました。

またプレスリリースや調査レポートを見た企業などからも動画マーケティングのコンサルの相談依頼などが入るようになりました。

「プロフェッショナル動画マーケティング」のセミナー&コンサルティング

プロフェッショナル動画マーケティングセミナー
こうして培ってきた動画マーケティングメソッドを中小企業や店舗やプロフェッショナルなどのビジネスの成功を加速させる武器として活用して頂くご支援をセミナーやコンサルティングでやらせて頂いています。

リアルビジネスでは、動画マーケティングをまだ本格的に活用していない業界も多く、成果の出る正しいプロフェッショナルなアプローチで実践すれば、動画マーケティングはスピーディーに良い成果も生まれていきました。(※成果の事例は後述します)

動画マーケティングの最前線で学んだ成功の秘訣

動画マーケティングといっても活用目的に応じて色んな動画の種類があったり、また活用できるメディアもYouTubeが中心にはなりますが、YouTube以外のHPやブログやFacebookやメルマガなど色んなメディアでの活用法もあります。

動画というとプロモーション動画のような自分達をカッコよく見せようと見栄えの良いものを作ろうとしがちなところがあり、撮影や演出などの編集技術に目を奪われたりもしますが、トップユーチューバーやまた多くの動画マーケティングの成功事例を分析しわかってきた結論として、動画マーケティングの成功のポイントとして大事なのは、映像の見栄えのクオリティーではなく、顧客にとって有益なプレゼンテーションをできるかのコンテンツの中身の方が非常に重要なんだという成功の本質に気づくことができました。

動画マーケティングは量から質へ

これまでは動画マーケティングを実践している人も少なかったので、「とりあえず中身は何でもいいので量を作ってSEO対策していきましょう。また動画で情報発信するだけでインパクトがあるので効果がある」というアドバイスに溢れ、簡単に動画量産する手法がメインでした。

私も当初はそうしたアドバイスをしていたこともあり、また効果も一時期はでていました。

しかし、視聴者も沢山の動画に触れるようになり、自分にとって必要でないものは見ず、必要なものだけを見るという傾向があります。良い動画でないと、動画も見られなくなってきています。YouTubeもユーザーにとって有益な動画を検索や関連動画で推奨するので、中身の無い質の低い動画を作ってもほとんど効果がない傾向に進んできています。

逆に、中身の良い、プレゼンテーションがしっかりとある動画は視聴者からも良い反応が得られ、長期間に渡り効果を生み出すビジネス資産となっていくこともわかりました。

質の低い動画はほとんど価値を生み出せず、質の高い動画は素晴らしい価値を生み出すという動画コンテンツの質が成果の差に顕著にでることがわかりました。

YouTubeでは動画の視聴時間や視聴率などで視聴者に役立つ有益な動画かどうかのコンテンツの価値を評価して検索結果や関連動画に表示していますが、その技術や精度は日々高まっていますので、内容の乏しいコンテンツを作りキーワード対策しただけでは動画SEO対策もやりづらくなってきています。

GoogleもYouTubeもユーザーにとって役立つ有益なコンテンツを探しやすくするのが役割なので、質の高いコンテンツを作ることが、コンテンツマーケティングの最も基本的かつ重要な戦略ということになってきます。

特にプロフェッショナルにとっては、これから動画を使ったマーケティングを誰もがやりはじめてきますので、ライバルよりも魅力的なプレゼンテーションを増やして、ブランディングをしていくことが必要になってきます。

%e3%82%84%e3%81%98%e3%82%8b%e3%81%97

今回のセミナーでは、プロフェッショナルに特化した動画マーケティングを正しく活用する為の実践方法やポイントをお伝えしていきます。

プロフェッショナルの方には非常に有意義な内容だと思いますし、プロフェッショナルの方に特化して動画マーケティングをきちんとお伝えするセミナーもまだそれほど多くないと思いますので、希少なセミナーになるかと思います。

その中でも、常に「最高を目指す」という私の哲学もあり、あなたの成功が私達のプロジェクトの成功になってきますので、私も全力で最高のコンテンツをお伝えしていきたいと思っています。

ぜひ一緒に最高のセミナーを作っていければと思っています。

井口晃伊藤剛志対談動画マーケティング

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。