「本気で生きる!」ベストインプレ・コンサルティング株式会社代表取締役社長 松本喜久さんから受けた圧倒的な本気の漢のオーラ(覇気)

最近、色んな分野で活躍されているプロフェッショナルの方とお会いさせて頂き、その方の持つ志を実現していく為の今後の成長戦略について打合せをさせて頂き、毎日素晴らしいご縁を頂いています。

プロフェッショナルマーケティングPJTでは、各業界で変革リーダーとなっていこうと志や意識の高い方と一緒に社会変革を起こしていきたいと考えています。

今回お会いさせて頂いたベストインプレ・コンサルティング株式会社の松本喜久さんとの打合せも格別でした。

お会いさせて頂いた瞬間から、圧倒的な魅力的なかっこいい男のオーラ”が溢れていました。

会った瞬間の第一印象の大事さを感じました。

お話させて頂くと、とにかく熱い。本気で生きている真の漢(プロフェッショナル)でした。

私もプロ意識の高さには自信を持っていますが、松本さんが醸し出す”本気”のオーラ(エネルギー)にも圧倒的なパワーを感じました。

お会いした瞬間から、こちらも本気で全力でぶつからないと勝てないなというプロとして最高に気持ちいい緊張感を久しぶりに感じました。

ボスキャラ戦を戦う時のような一瞬一瞬、気が抜けない緊張感。

相手の言葉、口調、目線、目の輝き、表情、姿勢などあらゆる情報を受けとめながら、その言葉の真意を汲み取り、こちらも本気で自分の腹の奥底にあるエネルギー(想い)と相手に魅力的なプランや伝え方を高速で思考しながら、最高のエネルギー(想いと熱意)を返すという本気のエネルギーのキャッチボール

本気で生きている人、エネルギーが高い人の空気に触れるだけで、こちらのエネルギーも引き出され、瞬間的に成長していくことができます。

プロフェッショナルの交渉の場では、「エネルギーレベルが高い方が勝つ、主導権を握る」というルールがあります。

私もどんな強敵が現れようと、プロフェッショナルマーケティングPJTを最高のPJT(ムーブメント)にしていきたいという絶対的な志の強さや、またコンテンツマーケティングを活用したビジネスモデルがこれからのデジタル時代を勝利していくプロフェッショナルには絶対不可欠であるという信念、そして自分の戦略やコンサルティングサービスがトップクラスであることの自信、そして本気で組みたいビジネスパートナーは必ず成功に導くというコミットメントの高さなど、コンテンツマーケティングを活用したビジネスモデルへの変革を導くコンサルタントとしては、ベストパートナー(トップクラス)だと自負していたり、またその高いセルフイメージを持ってクライアントを成功に導くことをコミットしているので、エネルギーでは負けない自信はあります。

相手に理解してもらえなかったり、価値観が合わない、相性が合わないということは当然あると思います。

私としては常に全力で相手と対峙させて頂き、本気のやりとりの中で、本気で一緒にPJTを共にする同志を見出すようにしています。

そして、そのプロの本気の戦い(交渉)の場で大事になってくるのが、一期一会です。

チャンスはその時の一度きりです。

プロの戦いは、一瞬一瞬が勝負です。

時間は有限。今にベストを尽くす。

一流のプロは、時間の流れ方、密度が違います。

松本さんとは会った瞬間に、久しぶりに真のプロフェッショナルの最高に気持ち良い空気を感じました。

「本気で生きる大切さを伝えていきたい。」

「グローバル競争にも戦っていける強い日本人のパワーを取り戻して欲しい。」

感じている問題意識や志も、意識の高い人とはベクトルが同じだということを最近色んな方とお会いして気づくことができ、素晴らしい同志との出会いに日々感謝しています。

また、その素晴らしい同志との出会いを創り出してくれているのが、このオウンドメディアの力でもあり、夢実現ツールとしてオウンドメディアの大切さを痛感していたりもします。

だからこそ、絶対的な確信を持ちながら、社会変革していくリーダーを志すプロフェッショナルには、絶対に動画を活用したオウンドメディア作りをおすすめしています。

動画を使うことで、その人の人となりや想い、熱意(本気)が伝わるので、文章の文字情報だけだと表面的な知識(情報)伝達がメインなので、本気のコミュニケーションやファン創りには、動画によるプレゼンテーションが必要不可欠になってきます。

「長時間の動画は見ないですよ。」という人もたまにいますが、そんな議論はナンセンスだと思っています。

正確には、顧客とのマーケティングプロセスの中で、最初の興味喚起するフェーズでは1分〜2分のコンパクトな動画が最適ですが、興味を持ってくれた人への本気のプレゼンテーションは、5分〜20分の本気のプレゼン動画でファンにするのが大事だと思っています。

松本さんの本気が伝わるプレゼン動画が最高に素晴らしかったので、シェアさせて頂きます。

素晴らしいプレゼンは、時間を忘れさせてくれ、そのプレゼンの世界に引き込まれていきました。

本気で生きる!素晴らしさ。

ぜひあなたにも体感して頂ければ嬉しく思います。

松本喜久さんのストーリー「壮絶人生から人生の転換期まで」

やりたいこと見つけるセミナー「デザイアスキル(成功する為の目標設定法)」


「目標を達成した後に何が得られるか?」の目的意識や目標達成した後の幸せな自分の状態や感情を鮮明にイメージしてワクワクすることで、情熱を燃やし行動のガソリンにしていくことができます。逆に、目標を設定しただけでは、やるべきことに追われるだけで行動が続かず、目標達成できないのが人間の性質です。ワクワクするデザイアスキルが大事になってきます。

やりたいこと見つけるセミナー「人生をデザイアする!(死ぬまでにやりたいことリストを作る)」


自分が死ぬまでにやりたいことリスト(夢リスト)を100個リストアップしていきます。いつ達成したいかの納期も決めて、その夢を時系列の年表にプロットして、いつ、何を達成するかのライフプランを創っていきます。これは非常に楽しい作業です。多くの成功者が実践している豊かな幸せな人生を生きる秘訣のひとつです。

やりたいこと見つけるセミナー「必ず成長するポジティブ思考」

やりたいこと見つけるセミナー「感動のラストメッセージ」

やりたいこと見つけるセミナー「ベストインプレ・コンサルティング株式会社の事業案内」

時間は有限。貴重な人生を熱く生きる!

松本喜久(まつもと・のぶひさ)プロフィール

ベストインプレ・コンサルティング株式会社代表取締役社長。

1967年東京都出身。大学卒業後、百貨店外商部に入社し、トップ営業マンとして活躍する。その後脱サラして事業を立ち上げるものの、1000万円の借金を背負うなどしてどん底の苦しみを味わう。しかし縁があってオリンパスに入社することになり、一企業家の目線で営業し、2年目で担当していた部門の個人営業成績が全国トップとなる。その後も転職を繰り返し、企業サイズ・業種がまったく異なる5社すべてで営業成績全国1位の数字を残す。あるIT企業では、既存顧客ゼロの状態からわずか9か月で営業利益3億円を生み出した。

この営業経験をもとに、2010年ベストインプレ・コンサルティング株式会社を設立。営業コンサルタントとしてクライアントと一緒に営業活動をおこない、実際に受注してみせる「実践的営業支援」を展開している。クライアントの売り上げを2倍にするなどの実績を残している。今回が初の著書となる。

「絶対断られない営業」松本喜久

関連メディア

ベストインプレ・コンサルティング株式会社
ニッポンの社長インタビュー

ベストインプレ・コンサルティング松本喜久

YouTubeを活用して影響力を10倍にする方法【ebook】


ebook1

コンサルタントの為の動画を活用した会員制ビジネスモデル構築セミナー

プロフェッショナルにとって、動画を活用して自分の価値(魅力)を効果的にプレゼンテーションしていくことが、これからのデジタル時代で最も重要なビジネス戦略になってきています。

YouTubeやオウンドメディアやFacebookなどで効果的に動画プレゼンテーションすることで、影響力や集客力を飛躍的に高めて、沢山のファンを作り、会員制ビジネスモデルを構築していくことができます。

あなたのビジネスに最適な戦略やロードマップをワークショップ形式で作っていきます。

あなたのビジネスのブレークスルーはここから始まります。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

経営戦略コンサルタント 早稲田大学商学部卒業後、戦略系コンサルティングファームに勤務し国内主要企業の経営改革プロジェクトにプロジェクトリーダーとして多数関与。その後、中古車業界のリーディングカンパニーのガリバーインターナショナルやホットヨガ業界のトップブランドLAVAなど急成長を実現した事業会社にて経営参謀として成長戦略の策定や実行、新規事業の立ち上げなどによる業績拡大、経営管理の仕組み化やBPR等の組織の構築など実業における様々な経営課題の解決に取り組み成果を出す。 実業のマネジメントに関与する中で、デジタル活用の重要性が経営戦略レベルまで高まりつつあることを感じ、大手Webマーケティング会社メンバーズにてWeb戦略コンサルティングに注力し、国内を代表するWebマーケティングやサービス開発プロジェクトをマネジメント。また同社をソーシャルメディアのリーディングカンパニーへと経営変革するPJTを推進し、ソーシャルメディアマーケティングの最前線で知見を高める。 同社が大手企業のソーシャルメディアマーケティング支援に注力する中で、これからの日本経済の成長には、新しいイノベーションを生み出す新進のベンチャー企業や個人のプロフェッショナルの活躍の必要性を重要視し2011年独立し、志のあるベンチャー企業やプロフェッショナルのデジタルマーケティングを活用したビジネスモデルの構築を支援。最新のコンテンツマーケティングやデジタルマーケティングの方法論を活用したオウンドメディアやビジネスモデル変革PJTを多数手がける。